フローリアン・バンクス

近頃、台風が来たりだんだん日照時間が短くなってきたこともあって太陽にあたることがあまりなくなり精神的に少し落ち込みやすくなったので食事で心の健康面も管理しています。

 

よく食べるのがカレーとバナナ、キャベツです。 キャベツはほかの食材と組み合わせてカレーとともに食べることがよくあります。 カレーにはセロトニンが含まれていてセロトニンが+に作用してメンタル的に元気になりやすくなります。

 

カレーのスパイスが関係していて、仕事の効率が上がるほか自律神経失調症の人が食べた場合は症状の緩和も期待できます。

 

交感神経の働きが整うのでめまいが起きにくくなるのです。 バナナにもセロトニンが含まれていてこちらも心が元気になりやすくなるのはもちろんビタミンが豊富に含まれているので食欲不振時の栄養補給・間食として食べるのにも向いています。その場合、豆乳を使って野菜ジュースにして工夫すると、手軽で続けやすくなります。

 

キャベツはあまり栄養がないように思われがちですが、ビタミンCが豊富に含まれていてストレスに強くなる作用があります。 抗酸化作用も持つビタミンCは紫外線を防ぐのにも有効です。 人はストレスを受けると心身を守るためにビタミンCを消費し、その継ぎ足しにキャベツは有効です。

No Comments :(