フローリアン・バンクス

近年、ダイエットの食事法で注目されているのが「低糖質食」というもの。これは特にパーソナルジム最大手のライザップで指導されているダイエット食になります。

最近ではコンビニなどでもライザップとコラボした低糖質のパンやデザートが売り場によく並ぶようになりましたね。売れ行きもなかなか良いようです。それだけ一般にもよく低糖質というものが浸透してきた証拠といえるでしょう。菓子パンなどはそうした糖質量を抑えるようこだわったものでなければ、通常含まれる糖質量は平均して約60gにも上ります。メロンパンやデニッシュパンなど大きめのパンになればもっと多く含まれています。ゆえにダイエッターは基本的にパンはそうした低糖質パンでなければ食べるべきではないでしょう。ダイエットに取り組んでいる筆者なんかも今はパンは自ら禁止して食べないようにしています。低糖質食にこだわる場合、パン以外にもご飯や麺類‥等、かなり食べられないものがあります。これらは日本人の主食でもありますので、やはり避けていくのはかなり厳しいものがあるといえるでしょう。でもそんな厳しい低糖質食といえど食べられるものって調べれば結構たくさんあるんですね。焼き魚、野菜スープや野菜パスタ(糖質0麺)、ゴーヤチャンプルー、サイコロステーキなんかも糖質は低くOKとされています。肉類は食べ過ぎなければ比較的どれも低糖質食なのでOKなんですね。こうしてみると低糖質食というのはちゃんと選んで食べれば食べられるものは結構あるのだということが分かりますね。

No Comments :(